『児のそら寝』 用言の活用

今は昔、比叡の山に児あり(ラ変「あり」連用形)けり。僧たち、宵のつれづれに、「いざ、かいもちひ(サ変「す」未然)む。」と言ひ(ハ四「いふ」連用けるを、この児、心よせに聞き(カ四「聞く」連用けり。

昔、比叡山の延暦寺に児がいた。僧たちが宵の所在なさに「さあ、ぼたもちを作ろう。」と言ったのを、この児は期待して聞いた。

・比叡…延暦寺のこと。「児」は寺で雑用などをする少年。

・いざ…さあ

(よひ)…夜に入って間もないころ。

・つれづれ…所在なさ。することがなくて退屈なこと。

・心寄せ…期待すること。

さりとて、し出ださ(サ四「し出だす」未然)むを待ち(タ四「待つ」連用)(ナ下二「寝」未然)ざらむも、わろかり(ク活用「わろし」連用)なむと思ひ(ハ四「思ふ」連用)て、片方に寄り(ラ四「寄る」用)て、(ナ下二「寝」連用)たるよしにて、出で来る(カ変「出で来」連体)待ち(タ四「待つ」連用)けるに、すでにし出だし(サ四「し出だす」連用)たるさまにて、ひしめき合ひ(ハ四「ひしめき合ふ」連用)たり。

そうかといって、出来上がるのを待って寝ないようなのも、きっとよくないだろうと思って、片隅に寄って、寝ているふりをして、でき上がるのを待ったところ、(僧たちは)はやくも作り上げた様子で、騒ぎ合っている。

・さりとて…そうかといって。

・わろかり…よくない。ク活用形容詞「わろし」連用形。

・~合ふ…~し合う、互いに~する。

※「し出だす」=「す」+「出だす」、「出で来」=「出づ」+「来」、「ひしめき合ふ」=「ひしめく」+「合ふ」。二つの動詞がくっついたもので複合動詞と呼び、あわせて一つの動詞として扱うことが多い。

この児、さだめておどろかさ(サ四「おどろかす」未)むずらむと、待ちゐ(ワ上一「待ちゐる」用)たるに、僧の、「もの申し(サ四「申す」用)  さぶらは(ハ四「さぶらふ」未)む。おどろか(カ四「おどろく」未) せたまへ(ハ四「たまふ」命)。」と言ふ(ハ四「言ふ」体)を、うれし(シク活用「うれし」終)とは思へ(ハ四「思ふ」已)ども、ただ一度にいらへ(ハ下二「いらふ」未)むも、待ち(タ四「待つ」用)けるかともぞ思ふ(ハ四「思ふ」体)とて、いま一声呼ば(バ四「呼ぶ」未)れていらへ(ハ下二「いらふ」未)むと、念じ(サ変「念ず」用)(ナ下二「寝」用)たるほどに、

この児が(僧たちは)きっと起こそうとするだろうと待っていると、僧が「もしもし。お目覚めください。」と言うのを、(児は)うれしいとは思うけれども、たった一度で返事するとしたら、待っていたのかと(僧たちが)思うといけないと思って、もう一声呼ばれて返答しようと我慢して寝ているうちに

・さだめて…きっと

・おどろかす・・・起こす、目を覚めさせる。

・~むずらむ…~だろう

・もの申しさぶらはむ…もしもし。

・おどろく・・・目を覚ます。

・~たまふ…~なさる、お~になる。尊敬の意を示す。

・いらふ…返事をする

・もぞ~…~すると困る、大変だ。

・~とて…~と思って。~と言って。

・念ず・・・我慢する。※サ行変格活用として扱う。

「や、な起こし(サ四「起こす」用) たてまつり(ラ四「たてまつる」用)そ。をさなき(ク「をさなし」体)人は、寝入り(ラ四「寝入る」用) たまひ(ハ四「たまふ」用)にけり。」と言ふ(ハ四「言ふ」体)声の(サ変「す」用)ければ、あな、わびし(シク活用「わびし」終)思ひ(ハ四「思ふ」用)て、いま一度起こせ(サ四「起こす」命)かしと、思ひ寝に聞け(カ四「聞く」已)ば、ひしひしと、ただ食ひ(ハ四「食ふ」用)食ふ(ハ四「食ふ」体)音の(サ変「す」用)ければ、ずちなく(ク活用「ずちなし」用)て、無期ののちに、「えい。」といらへ(ハ下二「いらふ」用)たりければ、僧たち笑ふ(ハ四「笑ふ」体)こと限りなし(ク活用「限りなし」終)

「これこれ、お起こし申し上げるな。幼い人は寝入ってしまわれた。」と言う声がしたので、ああ困ったと思って、もう一度起こしてくれよと、思いながら寝て聞くと、むしゃむしゃとただ食べに食べる音がしたので、しかたなくて、ずっとあとに「はい」と返事をしてしまったので、僧たちは笑うことこの上ない。

・な~そ…~するな。禁止表現。

・~奉る(たてまつる)…~申しあげる。謙譲語で、児に対する敬意を示している。

・あな…ああ

・~かし…~よ。念を押す。

・術(ずち)なし…どうしようもない。つらい。

・無期…長い時間。※仏教用語。

コメント

タイトルとURLをコピーしました